日影規制で建物の高さが制限される

土地を探す時に注意したい日影規制とは?

日影規制というのは、建築基準法で決められている建物の高さを制限する規制のことです。例えば自分が家を建てた時、周りに高い建物ばかりあって一切日光が当たらなくなると、気持よく生活ができませんよね。そういうことを防ぐために、日影規制があるというわけです。細かな基準は建物を建てる用途地域によって変わりますが、第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域なら、軒の高さが7m以上、地階を除く階数が3建て以上の建物が規制対象になります。

一年のうち最も影が長くなる冬至を基準に設定されており、午前8時から午後4時までの間に決められた時間以上の影が生じるような建物は建てることができません。地域によってもルールに違いがあるので、土地を探す場所の自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

日影規制のことも考えて土地を選ぶ

土地を探す時に注意しなければならない日影規制ですが、まずポイントになるのが日影規制は地面を対象にしていないということです。あくまで建物の中に光が入るかどうかで決まるものなので、ガーデニングなどで土地を利用する際には注意が必要です。例えば日影規制の対象になっていなくても、地面にはずっと日光があたらないケースも出てきます。

用途地域の種類でも変わりますが、地面から4mほどの高さで日の当たり方を計測することになるので、日影規制の対象になっていなくても、地面に日光が当たるかどうかをしっかり確認しておいたほうがよいでしょう。また、土地を購入して大きな家を建てる予定がある場合は、日影規制によってプランを変更せざるおえないことも出てくるので、購入前に日影規制のことを専門家と相談しておくと安心です。